読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imthinker::net

ふらふらうぇぶろぐ

Titanium もくもく会 Tokyo #8 に行ってきました

イベント Titanium Mobile JavaScript

毎月恒例の Titanium もくもく会 Tokyo #8 に行ってきました。今回は 株式会社リクルートキャリア様 に会場を提供していただきました。ありがとうございました。

それでは今回も簡単なレポートで報告します。

DENSO からのご案内

ちょっと気が早いですが、 6/13 は DENSO IT ラボラトリ 様の会場提供で Titanium もくもく会 Tokyo #9 が開催予定です。その場で紹介されるそうですが、カーナビのアプリを Titanium で開発するデモが行われるそうです。

Tizen の紹介 (インテル株式会社)

本日のメインディッシュとしてインテル株式会社から Tizen (タイゼン) についての紹介がありました。 Tizen はインテルと Samsung が主導で世界中のキャリアやメーカーが開発を行っている OS で、モバイル Linux のあるべき姿を目指して、足りない部分も OSS として開発されています。

f:id:RyuGoo:20130516233307j:plain

Linux カーネル 3.4 をベースに、 SMACK という強制アクセス制御の仕組みを取り入れた標準的な X11 や glibc などの Linux スタックを元にしています。デスクトップ Linux であれば NetworkManager を使うところを、 ConnMan という小さくて依存の少ないものに置き換えたりしています。

今年の2月に Tizen は 2.0 を迎え、現在の開発ブランチでは 2.1 が進められているそうです。アプリケーション開発は C++ を使ったネイティブ開発と、 HTML/CSS/JS を使ったウェブベース開発があります。ウェブベース開発というとブラウザアプリケーションのような物を想像しますが、 Tizen ではフルにデバイスアクセスできる機能を提供します。

Tizen は HTML5 の標準準拠に力を入れていて、 Webkit / JavaScriptCore という組み合わせで

  • HTML5 で標準策定されたものを実装
  • HTML5 で標準に策定されそうなものを先行実装 (標準化されたら置き換え)
  • HTML5 で標準化されなかった物を独自実装

をポリシーとしています。 ウェブベース開発の場合、アプリケーションパッケージは W3C Widget Packaging and XML Configuration という形でパッケージングされ、これもやはりウェブ標準準拠だそうです。

標準を超えるものは Tizen が独自で提供するために、デバイスにフルにアクセスできるようですね。そして標準になったらそれに置き換える方針のようです。

アプリケーション配布マーケットも運営し、ネイティブだろうとウェブベースだろうと同じマーケットから同じ仕組みでインストールするため、ユーザーからは全く違いが分かりません。

質問

  • Q. 様々なメーカーの力関係は?
  • A. インテルと Samsung が強い。それは貢献をしているから。また、実際に Tizen をビジネスにしようとしているところは発言力も強くなる。商売にしないとコミュニティとして意味が無くなってしまう。

  • Q. Webkit と JSCore だけど、 Blink とか、その手の動きはどうなの?
  • A. コミュニティの中ではそこまで話題になっていない。とにかく Tizen が大切にするのは HTML5 への準拠度合い。これとエンジンに関してはまた別の話になると思う。 Tizen の準拠度は本当に高い!

  • Q. Android みたいなフラグメンテーションは起きない?
  • A. これから市場に出てくるから何ともいえない。 Tizen は1年に1度のメジャーバージョンアップを予定している。そのときの HTML5 対応度によって動きは変わるかもしれないが、 JavaScript でラッパーを書けば対応できるかも。

Titanium 用 Twilio モジュールの紹介 (@yagi_)

ユーザー会会長の @yagi_ さんから Titanium 用の Twilio モジュールの紹介がありました。 Twilio は VoIP API を提供する企業で、日本では KDDI Web Communications 様がパートナーをされています。

要は、 API と通信するだけでマルチクライアントな音声通話や、コールセンターロジックを使うことができるもので、ネイティブ SDK しか提供されていなかったところに Titanium 用のモジュールを作り、そのデモが行われました。

実際に Mac と iPhone の間で音声通話が行われる様や、自動音声応答がなされる様が紹介されました。サーバサイドもクライアントサイドも非常にシンプルなコードで実装が可能で、1日もあれば IP 電話アプリが組めてしまいそうです。

次回もくもく会

次回は 6/13 に DENSO IT ラボラトリ 様の会場提供で Titanium もくもく会 Tokyo #9 が開催予定です。

CODESTRONG!